アルファニュース

DUCASSE BASSON

デュカスバソン
(フレンチシステム)

DUCASSEのニューバソンをご紹介します。
Selmer社の技術者だったヤニック・デュカス氏がフランス国立管弦楽団首席奏者のフィリップ・アノン氏と開発した新しいバソンです。
温かみのある豊かな響きで操作性に優れた楽器です。
キイシステムもよく考えられておりファゴットから持ち替えた場合もより吹きやすくなっています。
<<モデルは2タイプからお選びいただけます。>>
トラディショナルタイプと
ブーツジョイントがファゴットと同じ運指のハイブリットタイプです。
メッキは銀メッキです。ロディウム仕上げもオプションでございます。
ボーカルは1本付属します。

<<デュカスバソンの主な使用奏者>>
フィリップ・アノン(フランス国立管首席)
エリザベス・キッセル(フランス国立管)
パトリック・ヴィレール(元モラゲスクインテット)
ジャン・ホーネッカー(マコン音楽院教授)
ミシェル・ミュゴ(モンテカルロ・フィル)
フランク・バサルッツィ(リモージュ歌劇場)
エミリー・アレンダ、ジュリー・リック (フランス空軍音楽隊)
メイン
材質
■材質■
管体は厳選されたパリサンダー
キイは洋白材銀メッキ仕上げ(ロディウム仕上げも可能)


トラディショナル・フレンチシステム
■ヴーツ部の右手親指のシステムが選べます■
(1)トラディショナル・フレンチシステム
従来のバソンのシステムです。右手親指は穴を直接押さえます。
ヴーツ部
■ヴーツ部■
右手親指のBbキイ採用。F#キイのFキイへの連結もしています。
右手親指カバーキイタイプ
■ヴーツ部の右手親指のシステムが選べます■
(2)ヘッケルシステムと同じ右手親指カバーキイタイプ
ヴーツ部
■ヴーツ部■
ヘッケルシステムに近いキイ配列になっています。
U字管
■U字管■
ブーツジョイントは底部が一体型U字管で、豊かで滑らかな低音です。


太くて柔らかいサウンドが低音まで滑らかにつながります。
特に低音E・Fの安定感は抜群です。
バランスハンガー
■バランスハンガー■
左手への負担を軽減するバランスハンガーを採用


高さ・角度調整も幅広くでき、種々のストラップに対応できます。
シートストラップフック
■シートストラップフック■
可動式シートストラップフックを採用


角度調整が幅広くでき、好みの位置でセッティングできます。
左手親指部
■左手親指部■
押さえやすいC#キイ採用の左手親指部
ベル
■ベル■
より素早いキイアクションを実現しました。
ボーカル
■ボーカル■
3タイプご用意しました。 


洋白製ノーメッキタイプ、銅製ノーメッキタイプ、真鍮製ノーメッキタイプ。現在ブロンズ製の開発が行われています。より良いものを目指して常に研究開発が行われております。
バスーン・ハードケース
■バスーン・ハードケース■
ハードケース(Bam社製)がお選びいただけます。


リュック&ショルダー式でコンパクト。
色はブラックです。
約3.4kg。
バスーン・ライトケース
■バスーン・ライトケース■
ライトケースがお選びいただけます。


リュック式で軽量コンパクト。
携帯に大変便利です。
色はブラックです。
2.7kg。
デュカス夫妻
■デュカス夫妻■
日本第1号機をもって来店したデュカス夫妻です。
フィリップ・アノン氏
■テスター■
フィリップ・アノン氏


フランス国立管弦楽団首席奏者でパリ音楽院アシスタント・プロフェッサーのフィリップ・アノン氏がテスターとして細心の注意を払ってテストしておりますので、安心してお使いいただけます。

|アルファニュース目次へ戻る|