アルファニュース

ストラスブールのバソンコングレのご紹介

ストラスブールのバソンコングレのご紹介
2012年4月20日から22日まで
フランス北東のストラスブールのコンセルヴァトワールで行われました。 コンサート・マスタークラス・各社展示と盛り沢山でした。あわせて国際バスーンアンサンブルコンテストも開催されました。 夜のコンサートではドイツのファゴットアンサンブルやパリ・オペラ座のティシュ氏等の名手による名演奏もありました。
写真は会場となったモダンなデザインのストラスブールのコンセルヴァトワール
メイン
レセプション
■レセプション■

会場入り口のレセプションです。
役員の先生方が交代でつめておられました。
クランポン社のブース
■クランポン社のブース■

クランポンのバソンが展示されていました。
クランポン社がシュライバー社を買収したので一緒の展示となりました。
アルファ社のブース
■アルファ社のブース■


豊富なアクセサリー・リード類の展示販売でした。
ハーネス・ストラップが人気で多くの人が買い求めていました。
アルファ社のブース
■アルファ社のブース■


日本のタケダファゴットが多数展示されており関心を集めていました。
ケースも豊富に展示され多くの人が買い求めていました。
アルファ社のブース
■アルファ社のブース■


タケダバスーンを試すチェコの教師
高い品質に美しい響きと大好評でした。
<
アルファ社のブース
■アルファ社のブース■


タケダバスーンを試すチェコの女子学生
彼女はバスーンアンサンブルコンクールに
参加した4重奏のメンバー
SML・モースマン社のブース
■SML・モースマン社のブース■


モースマン社のバスーン・コントラバスーンとケースを展示していました。
SML・モースマン社のブース
■SML・モースマン社のブース■


リペアコーナーも併設されていました。
ノーランテール・グロタン社のブース
■ノーランテール・グロタン社のブース■

フランスを代表するリード・工具のメーカーです。
バソン用のリード材ハノンモデルやファゴット用材料まで各種展示販売していました。 グロタン社はノーランテール社の傘下に入ったフランスの老舗リード・工具のブランド
EGGE VERLAG社のブース
■EGGE VERLAG社のブース■

EGGE VERLAG社のブースです。
希少なダブルリードアンサンブルの楽譜に多くの人が詰め掛けていました。
ピュッヒナー社のブース
■ピュッヒナー社のブース■


ピュッヒナー社のブースです。
アトリエ・デュカスのブース
■アトリエ・デュカスのブース■


セルマーの技術者だったヤニク・デュカス氏の工房です。
ハノン氏(フランス国立管首席)と共同開発の
フレンチバスーンの展示でした。
アコラーデ社のブース
■アコラーデ社のブース■

バスーンアンサンブルの楽譜も多数出版しているアコラーデ社のブースです。 写真の右側は今回の主催地ストラスブールのコンセルヴァトワール教授でストラスブールフィル奏者のダソンヴィール氏
マイスター・ローデヴァルドのブース
■マイスター・ローデヴァルドのブース■

突然始まったトリオの演奏、アマティ社のコントラの特注デザインモデルのデモ演奏でした。
マイスター・ローデヴァルドのブース
■マイスター・ローデヴァルドのブース■

アマティ社のコントラの特注デザインモデルを試すティエリー氏 左のコントラはクランポン社の中古品です。
メディール社のブース
■メディール社のブース■

スペインから参加のメディール社のブースです。
各種リード材とリード、リンブル社のリードマシンを展示していました。多くのファゴット奏者がリードを試していました。
メディール社のブース
■メディール社のブース■

スペインから参加のメディール社のブースです。
ファゴットリードを試すモンペリエの教授。
IMD社のブース
■IMD社のブース■

各種室内楽の楽譜を多数出版しているIMD社のブースです。
バソリーノ
■バソリーノ■

水道管のパイプをつなげて作ったようなバソリーノのブースです。
バソリーノ
■バソリーノ■

水道管のパイプをつなげて作ったようなバソリーノのブースです。
メーニッヒ社のブース
■メーニッヒ社のブース■


メーニッヒ社のブースです。
アッツォリーニ氏と開発したニューモデルDelSolモデル(写真左端)が一際目を引きました。
ヴァルター社のブース
■ヴァルター社のブース■


ヴァルター社のブースです。
ヴォルフ社のブース
■ヴォルフ社のブース■


ヴォルフ社のブースです。コントラフォルテが目立っていました。
ヴォルフ社のブース
■ヴォルフ社のブース■


写真左がヴォルフ氏です。
合奏風景
■合奏風景■

最終日の合奏の練習風景です。指揮は会長のウズノフ氏
合奏風景
■合奏風景■

最終日の合奏の練習風景です。指揮は会長のウズノフ氏
合奏風景
■合奏風景■

最終日の合奏の練習風景です。
小さい子供がコントラを吹いてしました。
大聖堂
■大聖堂■

ストラスブールの町の象徴 大聖堂です。
大聖堂
■プティットフランス■

コロンバージュといわれる独特の建築様式の美しい町並みのプティットフランス地区
大聖堂
■お肉屋さん■

ストラスブールは白ワインと美食の街です。きれいに並んだお肉と加工食品です。

|アルファニュース目次へ戻る|